うれしのスイーツ

肥前吉田焼

志田焼の里ガイド

嬉野名物 温泉湯どうふ

うれしの茶ガイド

うれしの紅茶特集

その他販売店/醸造元

直売所・醸造元


▼ 関連情報

嬉野温泉について

嬉野温泉の宿


▼ 総合案内

交通のご案内

嬉野温泉の動画を配信

嬉野温泉観光案内所

嬉野温泉 質問コーナー

サイトマップ

嬉野周辺のお天気

佐賀県嬉野市のふるさと納税

公衆浴場シーボルトの湯

全国的人気の温泉湯どうふ

URESHINO SWEETS

嬉野お茶ガイド

うれしの紅茶特集

うれしのお取り寄せ市場

English

ureshino map inglish



Korean

ureshinomap korean

Traditional Chinese

mapchinese





うれしの元気通信

「嬉野市観光大使」

嬉野温泉旅館組合

嬉野市公式サイト

嬉野市商工会

観光嬉野温泉芸能組合

肥前吉田焼

志田焼の里博物館

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター

水の恵の里 藤ノ津

スリッパ温泉卓球のブログ

「ANA公式サイト」航空券の予約・購入、空席・運賃の照会

ハウステンボス

佐賀県立宇宙科学館

全国自治体・観光協会等リンク集

一般社団法人 嬉野温泉観光協会
嬉野市嬉野町大字下宿乙
2202-55
TEL 0954-43-0137
ureshino@wonder.ocn.ne.jp
嬉野温泉旅館組合
TEL 0954-42-0240
bihada@spa-u.net
嬉野庁舎 うれしの温泉観光課
TEL 0954-42-3310

肥前夢街道

スパ嬉野ドットコム

志田焼資料館

小城市観光協会

鹿島市観光協会

祐徳稲荷神社と酒蔵巡り 鹿島

うれしの酒蔵めぐり協議会

 

400年の歴史と伝統 吉田焼ガイド 肥前吉田焼[前画面へ戻る]

肥前吉田焼のご紹介です。
嬉野の焼物の歴史は天正5年(1577年)に、吉田村を流れる羽口川の上流、鳴谷川の川底に、わが国最初の磁鉱石といわれる白く光る石を発見したことから始まったとか。それから約400年、嬉野の窯元からは歴史を伝統を誇りに個性溢れる作品が創りだされています。


嬉野の町には数多くの窯元があるので、窯元をめぐってお気に入りの一品を見つけるのも楽しみの1つ。ロクロや手びねり、絵付け体験ができるところもありますよ。「でも、どこへ行けばいい?」と迷ってしまいますよね。そんな時は、まず窯元会館へ。吉田焼のことは、何でも丁寧に案内してくれます。窯元情報もここで入手しよう。嬉野方面から県道41号線を走るとモニュメントがあります。ここを右折すると窯元会館へ。



【館内には、肥前吉田焼窯元協同組合に属している11社の作品が展示されており、もちろん購入することもできます。中には特売品もあるので要チェック!また、予約なしでも気軽に絵付け体験できます。旅の想い出にいかがですか?


器を選んだら、早速絵付けに挑戦!やり方は、スタッフの方が丁寧に教えてくれますよ。
青、緑、赤の絵付け用絵の具で思い思いに描いていきます。

やり始めると真剣に。
終始無言になります・・・。

悪戦苦闘の末、できました!なかなか上出来!?10日後くらいに、焼き上がったものを配送してくれるそうです。(送料は別途)楽しみ楽しみ!

こんな感じに仕上がりました!
世界に一つだけの、オリジナルですよ。

肥前吉田焼窯元会館
TEL.0954-43-9411
佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1
開館時間/8:30-16:30 入場料/無料 
休館日/年末年始(12/29-1/1)
http://www.ktknet.ne.jp/yoshidayaki
絵付料金(税込)
4寸皿 630円
5寸皿 840円
6寸皿 1,050円
湯のみ 840円
めし碗 840円
マグカップ 1,050円
※送料は別途




嬉野市を代表する嬉野町吉田出身の著名な文学者の作品等の一部を窯元会館内に展示しています。

前田珠子(まえだ たまこ)
1965年生まれ、佐賀県嬉野市吉田出身の作家。
1987年4月「眠り姫の目覚める朝」で第9回コバルト・ノベル大賞佳作入選。
11988年、『宇宙に吹く風白い鳥』(集英社コバルト文庫)で文庫本デビュー。以来、本格ファンタジー作家として頭角を現す。『カル・ランシティの女王』シリーズ、『破妖の剣』シリーズ、『聖石の使途』シリーズ、『天を支える者』シリーズ、『ジェスの契約』、『トラブル・コンビネーション』、『月下廃園』など多数の作品がある。少女小説界、SF小説界に熱狂的なファンを持つカリスマ人気作家である。

大串 章(おおぐし あきら)
1937年生まれ、佐賀県嬉野市吉田出身の俳人。千葉県鎌ヶ谷市在住。
「百鳥」(ももとり)俳句会主宰。中学生の頃から「毎日中学生新聞」などによく投句していた。大学時代に俳誌「濱」を起こした大野林火(元俳人協会会長)に師事して7年、「濱」同人となる。高度成長期には大手鉄鋼メーカーの第一線で活躍するとともに俳人としても活動してきた。現在は会社を退き、俳人として、俳句会主宰として、また日本文家協会や俳人協会常務理事など幅広く活躍中で、朝日新開連載「朝日俳壇」の選者としても知られている。

中島虎彦(なかしま とらひこ)
1953年生まれ、佐賀県嬉野市吉田出身の文筆家。
大学在学中の1974年に器械体操クラブの練習中の事故により、頚髄損傷となる。入院中から地元紙の歌壇などに投稿をはじめ、1979年佐賀
県文学賞詩部門一席、1982年同小説部門三席を受賞。1990年に小説
『卑弥呼まで』で第20回「S氏賞」を受賞。1997年、初めての本となる評
論集『障害者の文学』(明石書店)を出版。2001年第一歌集『夜明けの
闇』(アピアランスエ房)を出版し、障害者の視点に立った小説や口語体で
の短歌づくりなど幅広い活動をしていた。2007年3月急逝。


●吉田おやまさん陶器まつり(4月)
昭和62年より毎年開催されている、陶器市。窯元会館をメイン会場に、町道皿屋赤仁田線沿いには多くの窯元が出店し、通常よりもリーズナブルに販売されます。期間中には様々なイベントも催され、県内外から訪れた多くのお客さんで賑わっています。

●吉田焼辰まつり窯元市
吉田皿山の先人達から受け継がれている辰まつりは、水の神様の八大龍王さんのお祭りです。年に一度、豊かな水に感謝しつつ、陶器、お茶など嬉野ならではの特産物を一同に集め、販売されます。

肥前吉田焼は、大きく分類すると世界的にも有名な有田焼の一部で、佐賀の吉田地区で焼かれていることから、「肥前吉田焼」と呼ばれているそう。色やデザイン、形も窯元によってさまざまで、主に家庭用食器として幅広い年齢層の方から親しまれています。


TOP ▲
Copyright © ureshinoonsen.com All Rights Reserved.